無料ブログはココログ

カテゴリー「99 全域の古い情報」の63件の記事

2017年7月 1日 (土)

北岳最新情報 2017年6月19日現在

2017年7月1日 

北岳の雪は融けつつありますので、本報告内容は古い情報へ移動します。最新状況は、南アルプス市観光協会のHPにあるフェースブックへのリンクから参照してください。

http://www.minami-alpskankou.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私のホームグラウンドではありませんが北岳に行って来ましたので、登山道の状況を報告します。

私はキタダケソウの時期に何度も入山していますが、今迄で最も残雪が多く、かなり危険な状態でした。現在は雪山状態で、ピッケルと12本アイゼンが必携です。

キタダケソウは3~4割の開花状況です。ハクサンイチゲは全く芽を出していないので、見間違える可能性はありませんでした。

今後雪融けは進みますが、入山時には各山小屋に最新情報を確認してください。

1.広河原~白根御池: 全く雪はありません。トラバース道の崩壊地の通過に注意してください。

2.広河原~二俣: 歩いていません。二俣から見下ろす限り雪渓が続いています。橋が未だ渡されていないとの情報もあります。渡渉が難しい事も考えられますので、使う場合は入山に使ってください。

3.二俣~八本歯: 例年より雪は多いです。八本歯の梯子帯に一部雪が残っています。

なお大樺沢を登る場合、ルートに注意してください。太い雪渓は全て左に行き、梯子のある尾根に右へ取付きます。よくバットレス側の雪渓に迷い込むパーティを見ますので、ガスが出た時は特に注意してください。下りの場合、背後からの落石に細心の注意が必要です。出来るだけ雪渓の左端を歩いてください。

4.草すべり: ルンゼから右の尾根に取り付く直前に残雪があります。朝御池を出発する場合硬く凍っている可能性があります。

5.右俣 歩いていません。かなり雪が残っており、トラバース箇所等ではアイゼンが必要との情報を得ています。

6.二俣~御池: 問題ありません

7.右俣上部(草すべり分岐より上): 殆ど雪の上を歩きます。分岐よりすぐ上にモッコリした急な雪田があり、硬い場合はかなり危険です。小太郎分岐直前の雪田にはステップが切ってありました。

8.小太郎分岐~山頂: 問題ありません(雪はありません)

9.山頂~吊尾根分岐: 吊尾根分岐直前のカール状の窪地に雪壁があります。確保して通過するか、或は上部を巻く必要があります。上部は崩れやすい急な岩場、下部はザクザクのザレ場です。ここは非常に危険です。

10.吊尾根分岐~八本歯: 小さな雪田がありますが、問題ありません。

11.トラバース道: 桟道帯の終わりから北岳山荘間の急斜面に未だ幅30メートル程急斜面に雪が残っており、通過は不可能です。

12.吊尾根分岐~北岳山荘: 問題ありません(雪はありません)

以上です。

2017年4月15日 (土)

【急告】茶臼岳登山道が崩落しています 2017年4月12日現在

4月28日 中山間地振興課さんに、迂回路整備が終わった旨確認しましたので、本記事は移動します。

【急告】茶臼岳登山道が崩落しています

シーズン一人目の入山はリスクがあります。林道が通れる様になったので、12日から茶臼小屋に逗留して写真三昧と思って喜び勇んで入山しましたが、敗退です。
ウソッコ沢小屋の上部のコルから10分程度登ったザレていて最も急な箇所で登山道が10メートル以上崩落しています。

関係者の方々には報告してありますが、今後の調査と補修にどの程度の時間が掛かるかは現在不明です。GWに入山を計画されている方も多いと思いますが、入山を控えてください。現在補修が検討されています(4月24日)

またこれは常にですが、春一番の登山道は全く手入れされておらず、今回の様に崩落或は土砂で埋まっていたり、落石も多く危険です。入山される場合は本件を良く承知してください。

なお私に補修状況の情報が入りましたら、随時本ブログでお知らせします。

08

写真を添付しましたが、写真は平面的に写り、実際より危険度が低く見える傾向にあります。ご注意ください。

以上

2016年8月15日 (月)

接阻峡~井川間通行規制 2016年6月1日現在

第3版 2016年8月15日

本規制は解除済みですので、本記事を削除します。

第2版 2016年7月17日

7月16日より7:30~8:30及び17:00~18:00間のみ通行可能となりました。

第1版 2016年6月1日

5月31日の「さわらじまロッジ&登山小屋(東海フォレスト)」さんのFBによりますと、千頭から奥泉、閑蔵を経由して井川に至る林道は、閑蔵~井川間で通行止めとの情報です。

以下に内容をコピペさせて頂きます。

特種東海フォレストさん、無断掲載お許しください。

静岡市道路通行規制情報にも掲載されました。(6月1日21時確認)

https://shizuokashi-road.appspot.com/index_pub.html

場所は上記マップが正しければ、井川駅上の閑蔵への分岐から2.7Km、奥泉ダムの真上の様です。

------------------------------------------------------------------

緊急連絡です!!
道が一本ダメになりました。
今、通れる道は新静岡インターからの
富士見峠経由189号線か
口坂本経由27号線になります。

おそらく、昨日の雨が原因で崩土が出たのだとおもわれます。
通行止めの現場は接阻峡温泉と井川を結ぶ市道閑蔵線の途中になります。
復旧には一ヶ月〜一ヶ月半程かかるということなので、こちらへお越しの際は
井川市所 054-260-2211
までお問い合わせ、お願いします。

さわらじま

2016年7月17日 (日)

易老渡への入山可能に 2016年7月17日現在

2017年6月10日 柴沢ゲート迄車で侵入、易老渡へは徒歩となっています。別記事「2017年度入山方法」に詳細情報あります。

易老渡への市道142号線は道路崩落の為通行止めになっていましたが、特定車両のみ通行可能となりました。

http://www.tohyamago.com/WP/

なお易老渡~便ヶ島間は歩く必要があります。

北又渡~易老渡間は歩行通行は不可です。

また集合場所「梨元ていしゃば」は営業停止中です。

以上

2016年の入山バス  2016年7月17日現在

【2016年の情報の為、古い情報に移動します】

第2版 2016年7月17日

易老渡へは、特定車両での入山/下山(のみ)が可能になりました。

http://www.tohyamago.com/WP/archives/10744/comment-page-1

なお梨元停車場は営業していません。

第1版 2016年5月30日

今年の入山バスが完全に出そろいましたので、お知らせします。

1.伊那バス(中央高速松川インター/JR 伊那大島駅から鳥倉登山口)

http://www.ibgr.jp/wp-content/uploads/ccefa973b83adea68cd4da548ed3e640.pdf

2.しずてつジャストライン(静岡駅より畑薙ダム入山口)

http://www.justline.co.jp/rosenn/rosen201605131200.html

3.南アルプスアクセスパック(静岡駅より畑薙ダム入山口)

http://chiyodataxi.com/page0156.html

4.毎日アルペン号(首都圏より伊那大島、畑薙ダム入山口)

http://www.yamakei-online.com/catalog/file/book113/index.html#page=1

なお井川/畑薙ダムから登山口迄は

5.特種東海フォレスト送迎バス(畑薙ダム/夏期臨時駐車場から椹島/二軒小屋)

http://www.t-forest.com/alps/park_ride.html

6.井川地区送迎バス(井川から聖沢登山口迄)

http://ikawa.ooi-alps.jp/newsfile/登山バス時刻表28年度.xls

注意事項

本年は光岳・聖岳への入山口である易老渡・便ヶ島への林道は人・車共に通行止めになっています。

以上です。

2016年6月15日 (水)

畑薙ダムへの南アルプス公園線通行規制 2016年6月15日

片側交互通行可能になりましたので、本記事は削除します。 2016年6月20日

井川から畑薙ダムに至る、南アルプス公園線は外山沢の先で崩土により通行規制があります。

○6/16は、8:00~9:00、16:00~17:00の間は通行可。9:00~16:00、夜間は全面通行止め。
○6/17~18は、作業をしながら通行(待ち時間有)、6/19は交通誘導員を配置し、
片側交互通行とする予定。通行可能な時間は8:00~17:00の間で、夜間は全面通行止
め。

https://shizuokashi-road.appspot.com/index_pub.html

以上

2016年6月 1日 (水)

「南アルプスライチョウサポータ養成講座」 2016年6月1日現在

本記事、開催日が過ぎましたので過去の情報に移します。 2016年7月5日

南アルプス世界自然遺産登録推進協議会主催の「南アルプスライチョウサポータ養成講座」が開催されます。なお首都圏でも開催されます。

以下概要です:

山梨会場
平成28年6月12日(日)午後1時より
南アルプス市地域防災交流センター(山梨県南アルプス市十五所1014)

静岡会場
平成28年6月25日(土)午後1時20分より
静岡市女性会館アイセル21(静岡県静岡市葵区東草深町3-18)

首都圏会場
平成28年6月26日(日)午後1時50分より
NOF新宿南口ビル4階(東京都渋谷区代々木2-4-9)

※長野会場の開催は、現在調整中
※参加費無料、各会場定員40名。多数抽選。

http://www.minamialps-wh.jp/his_raicho_supporter.html

以上

2016年5月16日 (月)

千頭より上流への道路通行止め/迂回路あり 2016年5月10日

片側交互通行可能になりましたので、本記事は削除します。 2016年6月20日

千頭より大井川に沿って寸又峡/井川へ行く主要地方道は落石のため通行止めになっています。

迂回路は桑野山トンネルを出て八木橋を渡った地点で右折し、白沢温泉「もりのいずみ」の前を通り大井川に沿って北上し、小山トンネル手前で本道に復帰します。

http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/news/newsview.asp?cd=8&id=5362

以上

2016年5月12日 (木)

山犬段への林道通行止め 2016年5月12日現在

本通行止めは5月13日に開通しています。

http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/news/newsview.asp?cd=8&id=5360

川根本町フェースブックによれば、ウッドハウスおろくぼから先「林道南赤石線」は通行止めになっています。

 

通行止めの期間は未定です。

 

https://www.facebook.com/kawanehoncho/

以上

2016年4月22日 (金)

易老渡への道は今年は通行止め 2016年4月1日現在

2016年7月17日

特定車両のみ通行可能となりましたので、本記事は削除します。

易老渡への入山可能に 2016年7月17日現在

易老渡への:

市道南信濃142号線(北又渡~光橋 5.1km)
市道南信濃132号線(光橋~便ケ島 3.1km)

は林道が崩壊したため、本年は全面通行止め(歩行含む)です。

http://www.tohyamago.com/WP/archives/9145

以上

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00はじめに | 01全域の最新情報 | 02全域の観光情報 | 03その他の(分類できない)情報 | 04全域のコラム | 05a三伏峠・塩見岳のフォトアルバム | 05b赤石・荒川三山のフォトアルバム | 05c聖岳・光岳のフォトアルバム | 06白峰南嶺のフォトアルバム | 07大無間山・深南部のフォトアルバム | 08寸又三山のフォトアルバム | 09安倍奥の山フォトアルバム | 11a三伏峠・塩見岳写真案内 | 11b赤石・荒川三山写真案内 | 11c聖岳・光岳写真案内 | 12塩見・赤石・聖岳ルート案内 | 13塩見・赤石・聖岳シーズンオフ | 14塩見・赤石・聖岳コラム | 21白峰南嶺写真案内 | 22白峰南嶺ルート案内 | 23白峰南峰シーズンオフ | 24白峰南峰コラム | 31大無間山・深南部写真案内 | 32大無間山・深南部ルート案内 | 41寸又三山・周辺の山々写真案内 | 42寸又三山・周辺の山々ルート案内 | 44寸又三山・周辺の山々コラム | 51安倍奥西山稜写真案内 | 52安倍奥西山稜ルート案内 | 54安倍奥西山稜コラム | 61安倍奥東山稜写真案内 | 62安倍奥東山稜ルート案内 | 63安倍奥東山稜シーズンオフ | 64安倍奥東山稜コラム | 72伊那路の山々ルート案内 | 73伊那路の山々シーズンオフ | 81富士川・その他の山写真案内 | 82富士川・その他の山ルート案内 | 83富士川・その他の山シーズンオフ | 99 全域の古い情報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ