無料ブログはココログ

カテゴリー「82富士川・その他の山ルート案内」の5件の記事

2016年4月13日 (水)

篠井山ルート案内 2016年4月9日現在

第三班 2016年4月9日

メインの登山道に大きな変化はありません。以下今回気が付いたことです。

1.林道登山口手前標高650m辺りのヘアピンカーブ手前に巨大な落石があり、車での通行は不可能です。丁度その直前に駐車スペースがあります。登山口迄は約10分林道を歩きます。

2.山頂付近の双耳峰の間の谷を行く登山道、また谷を越え北峰へ行く登山道は踏み跡が非常に薄くなっています。大きな危険箇所はありませんが、ルートファィンディングのできない初心者は、谷の見える所から南峰直登ルートをピストンすべきでしょう。

3.今回も富士山の眺望はお預けでした!午後からは晴れたみたいで残念です。

4.渡り場の頭から上部の稜線までは単調な植林帯が続き、ガンバリ所です。

第二版 2013年12月23日

久し振りに篠井山に行って来ました。新たな問題箇所は発生していません。クマが多いのか熊よけの発音用パイプが何箇所かにありました。今回も山頂からの富士山の眺望はお預けです。

渡り場の頭から先は本格的な雪道になりました。

第一版 2011年6月21日

篠井山は富士川の南部町側から見ると、この山域には珍しい岩壁が特徴の山です。富士山の展望を求めて登りました。

登山ルートは東、北、西側にあるとの事ですが、今回は最も一般的なルートである、西側の登山口の富士川支流福士川の上流にある奥山温泉から歩きました。

以下ポイントを述べます:

1.登山口は福士川の上流、奥山グリーンロッジを通り、林道が月夜の段へとヘアピンカーブする地点です。標識があり、数台駐車が可能です。

2.標識に従って、福士川の左岸に沿って歩き始め、右岸、左岸と渡って、明源の滝を始めとする、美しいナメ滝を見ながら登ります(写真1、写真2)。

Photo_4

写真1:篠井山登山道途中のナメ滝。

Photo_5

写真2:篠井山登山道途中の明源の滝。

3.更に沢を横切りながら最後急登を行くと、渡り場の頭に着きます(写真3)。

Photo_6

写真3:渡り場の頭。

4.以降は地形図と異なり、尾根を巻いてその先ジグザグに登り尾根筋に戻った先で分岐になります。ここは篠井山山頂への周回路になっていますので、どちらに行っても大丈夫です。分岐付近は登山道が崩れやすいので、注意して歩いてください。なお滑落の危険はありません。

5.篠井山山頂からは、東側が大きく切り開かれ富士山が展望できます(の筈です。曇天でしたので未確認です)。

6.山頂部は二つのピークを持っていて、北峰には神社があります。

追記

○篠井山は山ビルが多いと聞きます。山麓の春から晩秋迄の時期で、降雨時などの湿気の多い時は特に注意してください。

以上です。

2011年6月14日 (火)

パノラマ台ルート案内 2010年12月23日

南アルプスの展望を求めて、本栖湖湖畔のパノラマ台に登りました。

なにしろ「パノラマ台」と言う名前ですから、富士山のみならず南アルプスに関しても相当の展望があると期待して、パノラマ台に登りました。

ルートは山と高原地図「富士山 御坂・愛鷹」に示されています(本記事のタイトルを「ルート案内」と言いつつ案内していなくて済みません)。

本栖トンネル南詰のパノラマ台登山口から烏帽子岳経由で、パノラマ台に至ります。ルートに問題はありません。

烏帽子岳、及びパノラマ台からは雄大な富士山を望む事ができます(写真1)。パノラマ台からの南アルプスはパノラマ台の稜線および樹木にさえぎられて、残念ながら眺望と言う訳にはいきませんでした(写真はありません)。

Photo_5

写真1:パノラマ台から富士山。

以上です

毛無山ルート案内 2009年12月27日現在

南アルプス南部の展望を求めて毛無山に登りました。

毛無山は、朝霧高原を挟んで富士山と対峙した富士山展望の山です。しかし反対側、山頂部直前から南アルプスも見えるとの案内に期待して、毛無山に登りました。

ルートは、標高差1050mもある岩尾根の直登で、非常にハードです。詳細は山と高原地図「富士山 御坂・愛鷹」 をご覧ください(ルート案内と言いつつ案内していなくて済みません)。

展望は、主稜線のピークから毛無山山頂へ向かった直ぐの大岩の上から、南アルプスを、北は鳳凰三山から南は光岳迄かすかに眺める事が出来ました(写真1~3)。

Photo

写真1:毛無山展望岩から南アルプス北部の展望。右から鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳、アサヨ峰、雪をかぶった北岳、間ノ岳、農鳥岳。

Photo_2

写真2:毛無山展望岩から南アルプス中央部。右から塩見岳、荒川三山、赤石岳。

Photo_3

写真3:毛無山展望岩から南アルプス南部の展望。雪をかぶった半欠けの赤石岳、聖岳、上河内岳、木の枝に隠れそうに茶臼岳。その左に枝の間から光岳。手前聖岳の右が笊ヶ岳、左が布引山。

追記:

○展望岩への標識には、「北アルプス展望台」とありますが、間違えです。見えるのは美ヶ原迄でその西は南アルプス北部地帯の稜線が遮り、北アルプスは見えません。

以上です

達磨山情報 2011年4月30日現在

伊豆半島にある達磨山に南アルプス南部の遠望を求めて車で登りました。

南アルプス遠望に関しては非常に拘って、ついに達磨山迄来てしまいました。達磨山の北のコルからは、確かに南アルプスが遠望出来ましたが、さすがに遠すぎます。今回春の訪問で霞が掛かっていましたので、次は秋の遠望の効く日に来たいと思います。

達磨山山頂部への路は非常に雰囲気が良く、感激しました。

達磨山に関しては、山と高原地図「伊豆 天城山」をご覧下さい。

以上です

2011年6月12日 (日)

富士見山ルート案内 2009年12月29日現在

富士川の右岸と早川の左岸に挟まれた富士見山に展望を期待して行ってきました。

山域としては櫛形尾根筋の南、櫛形山塊(広く使われているかは不明)に属します。富士見山は、同音で不死身と書きますので、第二次世界大戦時には多くの方々が登ったそうです。今回は英霊を偲びつつ、富士山と南アルプス南部の展望の調査に登りました。

本ルートはJR東海発刊の身延線沿線トレッキングガイド2009年版に記載されていましたが、現在は削除されています。JR東海には是非復活をお願いしたいものです。

以下ポイントを述べます:

1.登山口への入口は、国道52号線の身延町役場の直ぐ北、寺沢川の左岸の林道を入り、「なかとみ青少年自然の里」を目指し、水平な富士見山林道に入り、平須登山口に至ります。登山口には2~3台車を停められます。

2.平須登山口から直ぐは伐採された枯れ枝が登山道を塞いでやや不安になりますが、直ぐに明瞭な登山道になります。

3.以降ルートに大きな問題はありません。1180mで大きな谷筋のトラバースに入った後、一部がザレテおり注意が必要です。ザレの先からの登山道は大木が疎らに生えて、美しい場所です。

4.富士見山山頂は展望が無いとの事です。稜線に出て直ぐの富士見山展望台で展望を楽しみました。富士山は勿論、南アルプスは北岳から赤石岳迄見る事が出来ました。残念ながら若木が育ちつつあります。

5.富士見山展望台よりの山座同定です(写真1~写真6)

Photo

写真1:富士見山展望台より富士山

Photo_2

写真2:富士見山展望台より赤石岳。残念ながら頭のみ。

Photo_3

写真3:富士見山展望台より荒川三山。

Photo_4

写真4:富士見山展望台より塩見岳と蝙蝠岳。

Photo_5

写真5:富士見山展望台より農鳥岳。

Photo_6

写真6:富士見山展望台より荒川三山から北岳への稜線。

コースタイム(ハイキング装備、休憩時間含む):

平須登山口 → 1000m地点     50分

1000m地点 → 1300m地点     50分

1300m地点 → 展望台        50分

展望台 → 平須登山口       1時間30分

以上です

その他のカテゴリー

00はじめに | 01全域の最新情報 | 02全域の観光情報 | 03その他の(分類できない)情報 | 04全域のコラム | 05a三伏峠・塩見岳のフォトアルバム | 05b赤石・荒川三山のフォトアルバム | 05c聖岳・光岳のフォトアルバム | 06白峰南嶺のフォトアルバム | 07大無間山・深南部のフォトアルバム | 08寸又三山のフォトアルバム | 09安倍奥の山フォトアルバム | 11a三伏峠・塩見岳写真案内 | 11b赤石・荒川三山写真案内 | 11c聖岳・光岳写真案内 | 12塩見・赤石・聖岳ルート案内 | 13塩見・赤石・聖岳シーズンオフ | 14塩見・赤石・聖岳コラム | 21白峰南嶺写真案内 | 22白峰南嶺ルート案内 | 23白峰南峰シーズンオフ | 24白峰南峰コラム | 31大無間山・深南部写真案内 | 32大無間山・深南部ルート案内 | 41寸又三山・周辺の山々写真案内 | 42寸又三山・周辺の山々ルート案内 | 44寸又三山・周辺の山々コラム | 51安倍奥西山稜写真案内 | 52安倍奥西山稜ルート案内 | 54安倍奥西山稜コラム | 61安倍奥東山稜写真案内 | 62安倍奥東山稜ルート案内 | 63安倍奥東山稜シーズンオフ | 64安倍奥東山稜コラム | 72伊那路の山々ルート案内 | 73伊那路の山々シーズンオフ | 81富士川・その他の山写真案内 | 82富士川・その他の山ルート案内 | 83富士川・その他の山シーズンオフ | 99 全域の古い情報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ