無料ブログはココログ

« 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 | トップページ | 「鳥倉登山口から塩見岳へ」写真案内 【旧版6‐7頁、新版8-9頁】  »

2018年8月29日 (水)

「三伏峠から荒川岳へ」写真案内 【旧版8頁、新版12~13頁】

山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」の解説冊子「三伏峠から荒川岳へ」に対して、写真で補足します。ルート案内は旧版8頁をご覧ください。

2017年版以降は、12~13頁をご覧ください。但し逆ルートでの解説になっています。

第5版 2018年8月14日現在

前岳稜線の崩壊は更に進んでいます。一刻も早い対策が必要です。

なお高山裏避難小屋~板屋岳間の板屋岳近くの崩壊地では、2箇所ほど登山道の崩れが激しい箇所があります。1箇所は新たな踏み跡が出来ていますが、1箇所はそのままですので、慎重に通過してください。

第4版 2016年9月2日現在

本ルートに大きな変化はありません。前岳崩壊地の縁の改善が望まれます。また烏帽子他岳と前小河内岳間のコルの崩壊が進行していて、数年前の新ルートが既に危険になりつつあります。

第3版 2015年8月2日現在

荒川前岳のオーバハング箇所は、ついに崩落してしまいました。また他の箇所も崩壊が進み更に危険になっています。安全確保に十分に留意してください。

第2版 2013年9月5日 

登山道に大きな変化はありませんが、各所で崩壊地脇の登山道の崩落が続いていますので、注意してください。特に荒川前岳の北西カールを登り荒川崩壊地の脇に出てから荒川前岳山頂標識間の崩壊地脇は非常に危険です。危険個所では踏み跡に従って逃げてください。写真はその中で最も危険なオーバハングしている箇所です。ここは黄色のペイントがたらしてあります。

Img_17421

 

第1版 2011年7月23日

1.烏帽子岳(写真1)

200808

写真1:烏帽子岳より小河内岳から荒川岳方向(2008年8月)。

2.小河内岳への道(写真2)

200608_20

写真2:小河内岳へは比較的アップダウンの少ない道(2006年8月)。

3.小河内岳への道(写真2)

200608_19

写真3:小河内岳への道から三伏峠方向を見返す(2006年8月)。

4.瀬戸沢ノ頭(写真4)

200808_2

写真4:瀬戸沢ノ頭はルート前半部の鞍部にあたる(2008年8月)。

5.瀬戸沢ノ頭(写真5)

200808_3

写真5:瀬戸沢ノ頭のガレから小河内岳方向を見返す(2008年8月)。

6.高山裏避難小屋(写真6)

08080601_2 

写真6:高山裏避難小屋はお花畑の中の静かなたたずまい(2008年8月)。

7.荒川前岳カール(写真7)

200808_4

写真7.荒川前岳カールは主脈の中でも最もきつい登り。ここがようやく中間点(2008年8月)。

以上

« 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 | トップページ | 「鳥倉登山口から塩見岳へ」写真案内 【旧版6‐7頁、新版8-9頁】  »

11a三伏峠・塩見岳写真案内」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576393/52285506

この記事へのトラックバック一覧です: 「三伏峠から荒川岳へ」写真案内 【旧版8頁、新版12~13頁】:

« 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 | トップページ | 「鳥倉登山口から塩見岳へ」写真案内 【旧版6‐7頁、新版8-9頁】  »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ