無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月27日 (月)

安倍大滝への遊歩道開通 2017年11月24日

安倍大滝への遊歩道が閉鎖されていましたが、4月20日に開通したそうです。

http://www.okushizuoka.jp/oshi/news/article/_3_2.html

2017年11月24日 現地確認しました。立派な橋ができていました。

Img_2736_r

以上

「梅ヶ島温泉から八紘嶺周辺」写真案内1 【旧版32頁、新版32頁】

2017年版以降32頁に記事があります。

2017年11月23日現在

登山道に大きな変化はありません。富士見台上部の稜線の登山道に倒木があります。

2016年5月3日現在

奇しくも、丁度1年後の同日登山となりました。登山道に大きな変化はありません。

地図上で「展望岩」と記載した箇所がありますが、この岩は小さな岩小屋になっている事を発見しました。緊急時には利用の価値があります。

2015年5月3日現在 

 登山道に変更はありません。ただ家族連れに遇いましたが、このルートは切り立ったジグザグ道の箇所も多く、余りファミリー向けとは思われません。十分に注意して歩いてください。 

 八紘嶺を双耳峰と呼ぶべきか迷う所ですが、登って行って一つ目の長いピーク部の肩、標高1830mに右に入る富士山の展望箇所が整備されています。

山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」の解説冊子「梅ヶ島温泉から八紘嶺周辺」に対して、写真で補足します。ルート案内は冊子32頁をご覧ください。本記事では、八紘嶺部分を紹介します。

1.梅ヶ島温泉(写真1)

200605

写真1:梅ヶ島温泉バス停から、八紘嶺への歩き出し(2006年5月)。

2.八紘嶺への登山口(写真2)

200605_2

写真2:梅ヶ島温泉から直ぐの登山口(2006年5月)。

3.間伐展示林(写真3)

200605_3

写真3:きれいに手入れされた間伐展示林(2006年5月)。

4.林道途中の登山口(写真4)

200605_4

写真4:八紘嶺への特急登山を目指すなら林道途中の駐車場が便利(2006年5月)。

5.富士見台(写真5)

200611

写真5:富士見台からの展望。樹木がやや茂って来ている(2006年11月)。

6.八紘嶺途中の安倍川全域の展望(写真6)

200911

写真6:八紘嶺尾根筋途中の展望地。残念ながら逆光(2009年11月)。

7.雪の展望地(写真7)

201103 

写真7:雪が積ると結構見栄えがする(2011年3月)。

8.雪の八紘嶺山頂(写真8)

2201103

写真8:バージンスノーを満喫して八紘嶺山頂へ(2011年3月)。

以上

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ