無料ブログはココログ

« 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 | トップページ | 伝付峠ルート案内 2017年10月8日現在 »

2017年9月17日 (日)

「二軒小屋から千枚岳へ」写真案内 【旧版13頁、新版15頁】

山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」の解説冊子「二軒小屋から千枚岳へ」に対して、写真で補足します。ルート案内は旧版13頁をご覧ください。

2017年版以降は15頁に下山方向で簡単な解説があります。

第3版 2017年9月15日現在

登山道に変化はありません。登山者が少ないのか、トレースがやや薄くなっています。

なお千枚岳山頂部直登ルートは全く歩かれていないので、新版では削除しています。

第2版 2015年8月4日現在 

本ルート特に大きな変更はありません。なお本ルート上端の千枚小屋への道の分岐点から千枚岳山頂への直登ルートは全く歩かれておらず、ルートファィンディングも困難で、猛烈なハイマツ漕ぎになります。

第1版 2011年7月23日現在

1.二軒小屋(写真1)

200608_27

写真1:本ルートの悪場は、登山口からこの展望地の間(2006年8月)。

2.ガレの縁(写真2)

200608_28

写真2:視界の無い樹林帯から一気に展望の効くガレの縁に飛び出す(2006年8月)。

3.マンノー沢の頭(写真3)

200608_30

写真3:マンノーは万斧と書く。北部の視界があり塩見岳方向が見える(2006年8月)。

4.小さなガレ(写真4)

200608_29

写真4:その後も小さなガレの縁を通過する。白峰南嶺の笊ヶ岳から青薙山まで見える(2006年8月)。

5.森林限界(写真5)

200608_31

写真5:森林限界を飛び出すと、塩見岳、蝙蝠岳が迎えてくれる(2006年8月)。

以上

« 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 | トップページ | 伝付峠ルート案内 2017年10月8日現在 »

11b赤石・荒川三山写真案内」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576393/52286122

この記事へのトラックバック一覧です: 「二軒小屋から千枚岳へ」写真案内 【旧版13頁、新版15頁】:

« 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 | トップページ | 伝付峠ルート案内 2017年10月8日現在 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ