無料ブログはココログ

« 山と渓谷9月号に関連記事が載りました 2017年8月17日 | トップページ | 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 »

2017年8月19日 (土)

小渋川は下ってはなりません 2017年8月19日

小渋川を下った登山者が、川に流され死亡しました。全くの自殺行為です。

小渋川は絶対に下ってはなりません。

小渋川は板屋岳~荒川岳~赤石岳~大沢岳~奥茶臼山の稜線の全ての雨が集まり、増水すると大変な水量になります。

大聖寺平から広河原迄標高差約1200mあります。急勾配の尾根を下って小渋川に出た時、それがいかに増水していたとしても引き返す決断をできる登山者がどれだけ居るでしょうか。今回の増水の状態がどれ位だったのか分かりませんが、昔から「大聖寺平から小渋川に白いもの(川の流れ)が見えた時は下ってはならない」と言うのが地元の言い伝えだそうです。確かに小渋川は大聖寺平からは通常灰色の河原の砂石しか見えません。

更に広河原で渡渉可能と判断しても、それより下流の高山ノ滝周辺は廊下状になっていて、水量はさらに増え危険度は数段増します。

小渋川は登りに使ってください。川の状態を見て、入山の可否を判断してください。勿論入山に使って、それから下山まで雨が降らなければ下りに使っても大丈夫でしょう。いきなり下りはダメです。

加えてストックを携行し、川の深さを測りながら浅瀬を探して渡渉してください。渇水期でも腰まで浸かる急な流れの渡渉が10数回あります。なお河原歩きなので、沢靴は不要です。地下足袋、濡れても良いスニーカ等で十分です。なお登攀技術は不要ですが、部分的にスラブ状の岩の上を歩いたりする箇所があり、初歩の沢歩き技術は必要です。入山前に一度近郊の簡単な沢で沢歩きの練習して入山してください。

Img_7221_r  Img_7225_r  Img_7252_r

渇水期でもこれ位水量があります。

小渋川は上級者ルートである事を忘れないでください。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107947.html

登山者の皆さん、安全登山に心がけてください。

以上

« 山と渓谷9月号に関連記事が載りました 2017年8月17日 | トップページ | 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 »

01全域の最新情報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576393/65683777

この記事へのトラックバック一覧です: 小渋川は下ってはなりません 2017年8月19日:

« 山と渓谷9月号に関連記事が載りました 2017年8月17日 | トップページ | 「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ