無料ブログはココログ

« 聖岳東尾根ルート案内 2017年8月13日現在 | トップページ | 山と渓谷9月号に関連記事が載りました 2017年8月17日 »

2017年8月16日 (水)

「椹島から聖岳を経て赤石岳へ」写真案内 旧版16-17頁、新版16~17頁】

2017年版以降は16~17頁をご覧ください。

第4版 2017年8月15日現在

聖平手前の右岸の登山道で崩壊が起き、新しいルートになっています。通過で迷ったり、苦労する事はありません。

第3版 2016年9月12日現在

本ルートに大きな変更はありません。

兎岳山頂標識から、三角点へのルートはハイマツの繁茂が進み、大分分かりにくくなってきました。

第2版 2014年10月10日現在

本ルートに大きな変更はありません。なお調査する度に聖岳の西方稜線の危険さを強く感じる様になっています。

小兎岳の水場下降点の写真191を追加します。この下降地点は兎岳とのコルではなく、小兎岳双耳峰の鞍部にある点注意が必要です。なお南下して兎岳避難小屋泊にする場合は此処で取水します。

第1版 2011年7月23日

山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」の解説冊子「椹島から聖岳を経て赤石岳へ」に対して、写真で補足します。ルート案内は旧版16-17頁をご覧ください。

1.聖沢登山口(写真1)

200608

写真1:聖沢登山口(2006年8月)。

2.出会所小屋跡(写真2)

200608_2

写真2:出会所小屋跡へ来れば暫くは水平な楽な道(2006年8月)。

3.聖沢の枝沢源頭部通過の悪場(写真3)

200608_3

写真3:聖沢枝沢のトラバースは注意を要する箇所が多い(2006年8月)。

4.岩頭滝見台(写真4)

200909

写真4:岩頭滝見台からは聖沢に落ちる一条の滝が見える(2009年9月)。

5.聖沢源頭付近(写真5)

200608_4

写真5:聖平直前の聖沢源頭付近(2006年8月)。

6.聖平(写真6)

200608_5 

写真6:聖平の木道と聖岳(2006年8月)。

7.薊畑上部(写真7)

200608_6

写真7:薊畑から聖岳方向へしばらく歩くと光岳が見える(2006年8月)。

8.小聖岳への道から上河内岳(写真8)

200711

写真8:小聖岳への道から上河内岳と聖平小屋を見る(2007年11月)。

9.小聖岳(写真9)

200608_7

写真9:小聖岳から聖岳大斜面を見上げる(2006年8月)。

10.聖岳大斜面(写真10)

200909_2

写真10:聖岳大斜面。落石とすれ違いに注意(2009年9月)。

11.聖岳大斜面からの展望(写真11)

200608_8

写真9:聖岳大斜面から上河内岳を見る(2006年8月)。

12.聖岳大斜面からの展望(写真12)

200711_2

写真12:聖岳大斜面から笊ヶ岳、布引山と富士山(2007年11月)。

13.聖岳山頂(写真13)

200711_3

写真13:聖岳山頂(2007年11月)。

14.奥聖岳への道(写真14)

201008

写真14:奥聖岳鞍部のお花畑(2010年8月)。

15.聖岳西稜線(写真15)

200608_9

写真15:聖岳から聖兎のコルへの下りは非常に厳しい(2006年8月)。

16.赤石岳(写真16)

200711_4

写真16:聖兎のコルまで高度を下げると、赤石岳が浮かび上がる(2007年11月)。

17.赤色チャート(写真17)

200608_10

写真17:聖兎のコル周辺には赤色チャートの露岩がある(2006年8月)。赤色チャートはラジオラリア(放散虫)の死骸に鉄分が混じった岩石。

18. 聖岳西方稜線(写真18)

200711_5

写真18:兎岳から聖岳を見ると聖岳西方稜線の厳しさが理解できる(2007年11月)。

19.兎岳三角点(写真19)

200608_11

写真19:兎岳三角点は縦走路から外れている。好事家以外は訪れない(2006年8月)。

191.小兎岳水場下降点(写真191)

Img_10911

写真191:小兎岳山頂部の鞍部にある水場への下降点(2014年10月10日)

20.中盛丸山からの展望(写真20)

200711_6

写真20:中盛丸山から大沢岳方向を見る(2007年11月)。百軒洞へは鞍部から少し登って、右のハイマツ帯に入ってゆく。

21.百軒洞への道(写真21)

200711_7

写真21:百軒洞へ降りて行くと、荒川岳を含む北方の展望が得られる(2007年11月)。

22.大沢岳(写真22)

200608_13

写真22:百軒平への登りから大沢岳を見る(2006年8月)。百軒洞から稜線への直登ルートは足場の不安定な道。

23.中盛丸山(写真23)

200608_14

写真23:百軒平への登りから中盛丸山を見る(2006年8月)。

24.百軒平(写真24)

200608_15

写真24:百軒平の肩からしばらく行くと、荒川三山が見える(2006年8月)。

25.百軒平(写真25)

200608_16

写真25:百軒平標柱と聖岳(2006年8月)。

26.赤石岳の大ゴーロ帯(写真26)

200608_18 

写真26:赤石岳の大ゴーロ帯のトラバース道(2006年8月)。

27.赤石岳への登りから聖岳(写真27)

201008_2

写真27:百軒平から赤石岳間は常に聖岳との対話(2010年8月)。

以上

« 聖岳東尾根ルート案内 2017年8月13日現在 | トップページ | 山と渓谷9月号に関連記事が載りました 2017年8月17日 »

11c聖岳・光岳写真案内」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576393/52282242

この記事へのトラックバック一覧です: 「椹島から聖岳を経て赤石岳へ」写真案内 旧版16-17頁、新版16~17頁】:

« 聖岳東尾根ルート案内 2017年8月13日現在 | トップページ | 山と渓谷9月号に関連記事が載りました 2017年8月17日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ