無料ブログはココログ

« 布引山ルート案内 2016年8月5日現在 | トップページ | 「椹島から笊ヶ岳へ」写真案内 【旧版25頁、新版26~27頁】 »

2016年11月 8日 (火)

「青薙山」写真案内 【旧版26頁、新版記事ナシ】

2017年版以降本ルートの記事はありません。

第3版 2016年11月7日現在

第2版項番3の1916メートル地点付近の右折点は、正確には東南東方向で崩壊地の縁の線に対して直角です。緩く降りその後凹地を等高線に従って横断、以降明瞭な尾根筋右折点迄は、幾つかの段に対して斜めに登って行きます。非常に短い降りはありますが、それ以外は常に直線的に高度を上げて行く点に注意してください。

第2版 2015年10月30日現在

ルートに大きな変更はありません。ポイントとしては:

1.青薙山登山口から約40分登った所にあるザレは、更に砂がかぶり危険度が増しています。注意してください。

2.池ノ平の池は相変わらず水量が豊富で、こんこんと湧き出し大きな音をたてて滝が流れ出ています。

3.赤崩ノ頭の段は、落葉時期という事もあったと思いますが、トレースが不明瞭になっています。ガレの縁から離れるのは1916メートル地点付近で、それ以上降らずに高度を維持しつつ東に進んでください。

第1版 2011年7月24日

山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」の解説冊子「青薙山」に対して、写真で補足します。ルート案内は冊子26頁をご覧ください。

1.青薙山登山口(写真1)

200809

写真1:青薙山登山口は目立たないので注意(2008年9月)。

2.池ノ平(写真2)

200611

写真2:池ノ平から赤崩の縁へは直ぐに行ける(2006年11月)。茶臼岳と上河内岳。

3.池ノ平(写真3)

Photo_4

写真3:大井川も良く見える(2006年11月)。

4.赤崩の頭(写真4)

200611_2

写真4:赤崩の頭まで来ると高度が上がった分展望は良くなるが、残念ながら聖は少し顔を覗かせるだけ(2006年11月)。

5.赤崩の頭(写真5)

2008009

写真5:赤石岳、悪沢岳が良く見える(2008年9月)。

6.赤崩の頭の段(写真6)

200809_2

写真6:赤崩の頭から暫く段(平らになった場所)を歩く。植生が繁茂しているが、トレースは明瞭である(2008年9月)。

7.青薙山山頂より手前の小さな露地(写真7)

200809_3

写真7:聖岳(2008年9月)。

8.青薙山山頂より手前の小さな露地(写真8)

200611_3

写真8:上河内岳と聖岳(2006年11月)。

9.青薙山山頂(写真9)

200611_5 

写真9:あの樹木さえなければ・・・・(2006年11月)

以上

« 布引山ルート案内 2016年8月5日現在 | トップページ | 「椹島から笊ヶ岳へ」写真案内 【旧版25頁、新版26~27頁】 »

21白峰南嶺写真案内」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576393/52294418

この記事へのトラックバック一覧です: 「青薙山」写真案内 【旧版26頁、新版記事ナシ】:

« 布引山ルート案内 2016年8月5日現在 | トップページ | 「椹島から笊ヶ岳へ」写真案内 【旧版25頁、新版26~27頁】 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ