無料ブログはココログ

« 「二軒小屋から伝付峠へ」および二軒小屋写真案内 【旧版24頁、新版記事ナシ】 | トップページ | 「寸又峡温泉から沢口山へ」写真案内-2 【旧版36頁、新版41頁】 »

2016年10月30日 (日)

笹山ダイレクト尾根ルート案内 2015年9月23日現在

第2版 2015年9月23日現在

ダイレクト尾根の利用者は非常に多くなっています。踏み跡も明瞭になりました。日帰りの登山者も多い様ですが、標高差約1900mありますので、健脚者のみ可能です。

第1版 2010年10月15日現在

黒河内岳(笹山)ダイレクト尾根を調査しました。

笹山は山梨百名山です。以前は登頂には大井川・二軒小屋又は早川・田代入口から伝付峠に登り、笹山の山頂を踏み、大門沢下降点から奈良田に下る/又はその逆、が唯一のルートでした。この場合一般的には2泊必要で、山梨百名山の中でも難しい山とされていましたが、早川町によって奈良田からの直登ルートが整備されました。

但し道標はありません。また笹山から広河内岳間の白峰南嶺主稜線はクジラの背の様な幅広い尾根で、特にガスが出ると極端に難しくなります。全体を通して、経験豊かなエキスパート向きのルートで、地図とコンパスは必携です。

ダイレクト尾根のルートとコースタイムは、2011年版山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」から紹介、白峰南嶺主稜線は2007年全面改訂以降詳述しています。

ダイレクト尾根の詳細は、最近多くのホームページで紹介されていますので、参照ください。

以下にポイントのみお伝えします:

1.奈良田湖のバス停から、奈良田湖を吊橋で渡ります。整備されたジグザグ道で送水管の上部まで登りますが、送水管上部の管理施設周辺がやや不明瞭です。

2.送水管上部からは大木の森、尾根合流点(1334m)からはアセビのトンネル、ブナの大木(筆者が今まで見たブナの中でも有数の大木です)と、美しい森が水場入口まで続きます。

3.水場入口は明瞭で、その先水場迄も問題なく行けるでしょう。但し水が何処で得られるかはその時期の水量によります。迷う可能性のあるのは帰路ですので、往路の時から帰路を確認しながら下ってください。

4.このルートは展望は殆どありませんが、ガレの縁で北方の展望が得られます。これは2256m地点よりもやや下方ですので、注意してください。

5.窪地から2560m地点の間が広い尾根筋で藪が煩く、疲れも極まります。

6.幕営は随所でできますが、適地はルート途中の窪地です。

以上です

« 「二軒小屋から伝付峠へ」および二軒小屋写真案内 【旧版24頁、新版記事ナシ】 | トップページ | 「寸又峡温泉から沢口山へ」写真案内-2 【旧版36頁、新版41頁】 »

22白峰南嶺ルート案内」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576393/51899483

この記事へのトラックバック一覧です: 笹山ダイレクト尾根ルート案内 2015年9月23日現在:

« 「二軒小屋から伝付峠へ」および二軒小屋写真案内 【旧版24頁、新版記事ナシ】 | トップページ | 「寸又峡温泉から沢口山へ」写真案内-2 【旧版36頁、新版41頁】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ