無料ブログはココログ

カテゴリー「13塩見・赤石・聖岳シーズンオフ」の8件の記事

2017年5月12日 (金)

赤石岳大倉尾根(富士見平迄)積雪期 2017年4月29日現在

赤石岳東尾根(大倉尾根)は数年前に登頂を試みましたが、傾斜のある積雪帯で雪が完全に腐っていて登れず断念した事があります。

赤石小屋の避難小屋(倉庫棟)が昨年秋に完成しましたので、状況チェックがてら富士見平迄登りました。

以下の要点を述べます。

1.積雪はおおよそ標高1900メートルから始まります。

Img_5690_r

2.標高2060mの標柱のある小広場は完全に雪の中です。

なお標柱から下山の場合標高2040m付近の平な箇所で登山道が次第に南方向に変化しますが、積雪期はそれが判りません。テープもありませんので真っ直ぐ東に行かない様に注意してください。

Img_5693_r

ここから上部でも雪が吹き飛ばされた日当たり良い箇所では、雪が消えます。

標高2150mで勾配が出てきますが、ここで雪が腐っていると登れません。今回入山バスで同乗された何方もワカン類を持参されていませんでしたが、体力消耗を避け、膝の負担軽減に持参される事をお勧めします。

3.標高2300m付近

Img_5716_r


4.歩荷返し

此処までは完全な踏み抜き帯です。

歩荷返し手前の大岩のトラバース点からアイゼンを着装します。

Img_5723_r


5.歩荷返しから上部のピーク迄は夏道は傾斜があり危険で殆ど使えません。尾根を忠実に直登します。一部木の根を掴んでよじ登ったり、藪漕ぎもあります。かなり危険なので細心の注意で登ってください。

Img_5727_r_4  Img_5729_r

6.標高2480m、赤石小屋まで30分の標識のあるピークに出れば、一安心です。下山時の方向を確認しておいてください。

Img_5734_r


7.赤石小屋避難小屋(倉庫棟)は登山道の左下にあります。入口は梯子を登った2階です。なお前室と広間の間の躙り口の欄間は低いので頭に気を付けてください。筆者は失神するのではないかと思う程、ひどくブツケました。

水は屋根からの氷柱があれば採るのが簡単です。

Img_5895_r  Img_5791_r


8.赤石小屋からしばらくは尾根に絡みながら夏道を行きます。標高2460m地点で夏道は尾根筋と離れトラバースしますが、此処は傾斜がきつく危険です。右10m程度登って尾根に出てください。後は快適な素晴らしい尾根歩きです。

Img_5877_r  Img_5863_r

9.積雪期ルートのラクダの背の状況は分かりません。少なくとも確保無しの単独で登る尾根ではないでしょう。

なお写真にも写っていますが、カールは雪崩の巣です。絶対に踏み入らないでください。

Img_4910_r


以上


2012年1月15日 (日)

茶臼岳から上河内岳 2012年1月8日現在

以前に大門沢の最新情報をお知らせ頂いた磯田さんが、1月7~9日の茶臼岳・上河内岳の山行報告をお知らせ下さいましたので、リンクを張らせて頂きます。

快晴に恵まれ素晴らしい山行だったとの事で、ご同慶の至りです。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-161248.html

磯田さんの、大門沢の情報(2011年9月24日)。

http://minamialps-south.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/2011919-4448.html

以上

2011年7月 3日 (日)

冬の夕立神パノラマ台ルート案内 2010年1月9日現在

冬の南アルプス南部と中央アルプスの写真を撮ろうと、鳥森林道の夕立神パノラマ台まで行って来ました。

多分ここは冬は誰も訪れません。比較的歩く距離が短く、展望バツグンですのでお勧めです。

主なポイントを述べます。

1.積雪が少なければ、四駆&スタッドレスで標高1470m地点のゲート迄入る事ができませす。

2.筆者は新雪を予想してスノーシュで歩きましたが、12月であればツボ足でも大丈夫でしょう。また積雪も少ないので林道は雪崩ず、吹き溜まっておらず水平の積雪で楽です。

3.夕立神パノラマ台は、駐車場から右に飛び出した独標にあります。ここは少し雪が深かったです。

4.独標には展望塔と東屋があり、展望を楽しみ一日ユックリできます。

5.南アルプス南部の峰々に日が射すのは昼前からですので、慌てる必要はありません。展望点はパノラマ台ではなく、切通の少し先です。

Photo_44

写真1:夕立神パノラマ台手前から、中央アルプスの展望。

Photo_46

写真2:展望塔から東屋のある広場を見る。野生動物の世界。

Photo_45

写真3:パノラマ台切通から小河内岳から赤石岳、大沢岳迄の南アルプスの展望。

以上です

小河内岳シーズンオフ案内 2010年5月4日現在

塩見岳、荒川三山の展望を求めて残雪期の小河内岳に行きました。

三伏峠迄は塩見岳登頂を目指して入山するパーティが居ます。但し雪山の総合力が必要なエキスパートの世界です。

鳥倉林道が通行可能ですが、豊口山間のコルから先危険なトラバースがあり、気安く利用するのは禁物です。凍っていれば最悪です。筆者は安全性を重視して塩川ルートを使いました。

塩川ルートは林道が荒れてきており、現在は林道の樺沢のダムの先のヘアピンカーブで通行止めになっています。

以下残雪期の注意点を述べます。

1.ルートは基本的に夏道通りで、雪道になるのは標高1900m辺りです。鳥倉ルートとの合流点前は、雪斜面のトラバースになります。

2.夏道は三伏峠小屋手前で水平道になりますが、トレースはピークに向かっているかも知れません。その場合はピーク迄行き、そこから北東へ下ってください。

3.三伏峠小屋は雪に埋まっています(写真1)。避難小屋が空いていますが冷蔵庫状態ですので、荷重を考えなければ幕営の方が快適かも知れません。その場合小屋屋根からの雪崩に気をつけて小屋から離れてテントを張ってください(写真2)。

Photo_15

写真1:三伏峠小屋。

Photo_2

写真2:雪の三伏峠小屋の宿泊棟とキャンプ場。宿泊棟の右端が避難小屋になっている。ご覧の通り、冷蔵庫状態。この宿泊棟の屋根の雪が残っているが、翌日には雪崩ていた。絶対に屋根の直線上にテントを張ってはならない。

4.烏帽子岳へは夏道を探りますが、ルートは全く分りません。適当に行って、雪に埋まったお花畑の広場で右のガレの縁に出てください(写真3、写真4)。

Photo_3

写真3:防鹿柵が顔を出した、お花畑。

Photo_4

写真4:小花畑周辺から残雪の塩見岳を望む。

5.以降は夏道に関係なく、稜線に沿って歩きます(写真5)。

Photo_5

写真5:烏帽子岳山頂部の様子。

6.烏帽子岳からの塩見岳、小河内岳(写真6)は迫力があります。以降小河内岳迄は楽しい展望の稜線闊歩です(写真7~9)。雪庇に注意してください。

Photo_6

写真6:烏帽子岳から見る小河内岳。

Photo_7

写真7:縦走路から見る塩見岳。

Photo_8

写真8。縦走路から見る小河内岳。

Photo_9

写真9:縦走路の状態。基本的には雪庇に注意し、ハイマツとの境目辺りを歩く。

7.小河内岳避難小屋は稜線上にありますので、5月には小屋は1階迄完全に露出しています(写真10~11)。

Photo_11

写真10:小河内岳山頂部。

Photo_12

写真11:小河内岳避難小屋。

8.小屋から南東へ緩やかな尾根を行きその終端から見る荒川三山は、物凄い大きさです。雪山は夏山と比べて、どうしてあれほどまでに山が大きく見えるのでしょうか(写真11)。

Photo_13

写真12:小河内岳小屋下部の展望地より南アルプス南部の超パノラマ。

9.塩川ルートの下りでは、雪道が終わる辺りで、登山道の隠れたアイスバーンに注意してください。アイゼンを外すのは、雪が無くなってからでは無く、氷結していない事を確認してからです。

以上です

春の茶臼岳、上河内シーズンオフ案内 2007年4月29日現在 

南アルプス南部に残雪期に入山する人は殆ど居ませんが、茶臼岳周辺、また別記事で紹介している三伏峠へ入山するパーティが僅かに数えられます。

但し雪山の総合力が不可欠な、エキスパートの世界です。

ここでは、残雪期特有の注意点に関して述べます。

1.5月の連休時期ですと大体1900m辺りから雪道になります。畑薙大吊橋からのルートでは横窪沢小屋の上部、急斜面のトラバース辺りから雪道になります。

2.畑薙大吊橋から横窪沢小屋迄は夏道と同じです。

3.横窪沢小屋から尾根筋を登り始め、急斜面のトラバースを過ぎ、水呑場に着きます。多分雪に埋まっていると思います。

4.その先も夏道を行きますが標高2300m辺りで、トラバースする夏道と別れ、残雪期はそのまま尾根筋を行きます。標高2400m付近の尾根筋を樹木数本が塞いでいる地点、茶臼小屋とほぼ同高度の地点からトラバースして、茶臼小屋に着きます。このルートは地形図で示された登山道のルートです。

5.茶臼小屋から主稜線は夏道と同じ様に窪地を登ります(写真1)。是非アーベントロートの聖岳(写真2)を見てください。落日に染まる聖岳の美しさと、春山を苦労して登りきった充実感で時間が経つのを忘れるでしょう。

Photo_16

写真1:稜線への登り途中から茶臼小屋を見る。左のガレは赤崩。

Photo_17

写真2:アーベントロートの聖岳、上河内岳。

6.稜線から上河内岳へは、雪の状態がよければ夏道に拘らずに稜線上を行きます。360度の展望を楽しみながらの稜線闊歩です。

7.2555mのピークからは、正面に上河内岳(写真3)、背後に茶臼岳(写真4)と光岳が大きく望めます。その先の下りからの二重山稜越しの聖岳(写真5)は圧倒的な存在感です。勿論日本の象徴、富士山も我々を見守ってくれます(写真6)。

Photo_18

写真3:2555mピーク周辺から上河内岳。

Photo_19

写真4:茶臼岳と光岳(時間的には写真3よりも早い。撮影場所は茶臼小屋から稜線に出たハイジの丘近く)

Photo_20

写真5:二重山稜越しに聖岳を見る。夏道は左下の窪地を歩く。

Photo_24

写真6:富士山と白峰南嶺。左から笊ヶ岳、布引山、稲又山から青薙山への稜線。

8.奇岩竹内門(写真7)を過ぎてから先、夏道は痩せた稜線です。もし雪の状態が良ければ、窪地の上端を稜線に沿って登っても良いでしょう。例え滑落してもすり鉢状(写真8)ですので、滑落停止さえ出来れば問題ありません。

Photo_21

写真7:奇岩竹内門と聖岳。

Photo_22

写真8:上河内岳への二重山稜の登り。夏道は左の痩せ尾根。

9.上河内岳からの眺望(写真9)は筆舌に尽くしがたいです。聖、赤石、荒川岳が物凄い迫力で迫り、神々が棲む世界と思われます。夏山で見るこれらの山々の数倍の大きさ、高さに見えます。多分ここで感じる空間の広がりは日本有数ではないでしょうか。

Photo_23

写真9:上河内岳山頂からの眺望。聖岳、赤石岳、悪沢岳がドドーンと大船隊の様に並ぶ。

以上です

春の赤石岳シーズンオフ案内 2008年4月27日現在

赤石岳を目指し、せめても富士見平迄は行きたいと大倉尾根に挑戦しましたが、5月の粗目雪に敗退しました。急勾配箇所では道具を使わない限り、つぼ足で登るのは殆ど不可能でしょう。

ポイントのみ説明します。

1.雪が出てくるのは標高1900mから上、樺段辺りからです。残雪量が少なく問題なく登れます。

2.聖岳が見える標柱(写真1)辺りから積雪量が増えます。

Photo_15

写真1:標柱地点から樹木の間に聖岳を見る。最上部三角形のピークは奥聖岳。

3.筆者は標高2170m辺りの急登で、粗目状の腐った雪に戦意喪失し、敗退しました。

追記:

○いつか再挑戦したいと思っていますが、別記事の敗退した前茶臼山(伊那谷の里山)と合わせて考えると、和カンジキでは役立たずで(経験済み)、大きめのスノーシューとダブルストックが必要でしょう。あるいはもう少し雪のシッカリした時期です。

以上です

春の千枚岳シーズンオフ案内 2005年5月1日現在

千枚岳は南アルプス南部で最も登山者の多い山です。しかし春の残雪期は訪れる人は全く無く、残雪の赤石岳の眺望を独占する事ができます。

但し雪山の総合力が必要な、エキスパートの世界です。

ここでは、残雪期特有の注意点に関して述べます。

1.5月の連休時期ですと大体1900m辺りから雪道になります。椹島からのルートでは清水平から上で雪道になります。

2.南アルプス南部の尾根筋の雪は全く踏み固められていません、また雪崩による圧雪状態にもなっていませんので、常に踏み抜きながらの歩行になり非常に体力を消耗します。これは雪道に変わってから暫くは特にひどく粗目状態です。千枚岳ルートにはありませんが、他ルートの急勾配箇所では道具を使わない限り、つぼ足で登るのは殆ど不可能な所があります。

3.清水平から上で木馬道(きんまみち)と言って、木材を馬で運んだ窪地があり、雪で埋まっています。ここの横断、およびその中の歩行が何箇所かありますが、横断先、または窪地からの抜け出し地点を探すのが非常に難しいです。リボンもありません。窪地は雪ですが脇は土、草地、落ち葉が露出していますので、その中の踏み跡を探します(5月の場合)。

4.千枚小屋迄のルートは夏道を忠実に辿ります。

5.千枚小屋から千枚岳へは夏道とは異なり、小屋の裏の谷筋を直登して山頂に至ります。この辺りの高度ですと雪も硬くなっていますので、どうにか登れるでしょう。

6.千枚岳から悪沢岳へのルートは不安定な雪のナイフエッジですので、超エキスパートのパーティしか通過できないでしょう。単独行は確保が出来ず、非常に危険です。

以上です。

2011年6月 6日 (月)

前茶臼山ルート案内 2011年5月4日現在

栂村山・前茶臼山に登頂を試みましたが、敗退しました。

本ルートはバリエーションルートで、踏み跡・道標はありません。地形図とコンパスを使いルートを探しながらの登山ですので、熟達者のみ入山してください。

荒川岳から西方向を見た時、非常に平らな尾根筋に山頂部が突出した山が目に入ります。奥茶臼山です。奥茶臼山は山頂東部直下の立ち枯れ地帯から赤石岳、荒川岳の展望を楽しむ事が出来ます。シラビソ峠からの尾根筋のコースタイムは「山と高原地図」に記載されています。

この奥茶臼山の北北西稜線にあるのが前茶臼山で、山頂部に薙(ガレ)を持っています。ガレの縁からの展望を期待して登頂を試みましたが、5月の腐った雪で敗退しました。登山ルートを解説します。

1.大鹿村から大河原引ノ田を通り、青田山山腹の林道を上へ上へと登ります。

2.林道は1700メートル辺りで地形図の登山道に入り、栂村山の北北東主稜線の段(平らな場所)まで至っています。その先は林道工事中ですので(写真1)、ここに車を停めます。

Photo_34

写真1:栂村山登山口の駐車場から、工事中の林道を見る。ここは進入出来そうだが、上部の道は固められていないので、諦めてここで停める

3.工事中のジグザグ林道をショートカットして、樹林帯に入り(写真2)稜線をひたすら登ります。ルートはいつのまにか北方稜線に乗り、1934メートルの三角点のある段に至ります。

Photo_35

写真2:工事中の林道が終わり森に入る時に振り返ると、三伏峠山から小河内岳、小日影山迄の展望が広がる。

4.緩やかに登り、三つの小さなッピークを持つ山頂部を過ぎて(写真3)、コケのビッシリ生えた美しい窪地に着きます(写真4)。

Photo_36

写真3:三ツのピークのある山頂部からの展望。塩見岳から小河内岳までが見える。多分此処が栂村山ルートで一番の展望箇所である。

Photo_37

写真4:美しいコケのある窪地。左奥が前茶臼山、右が栂村山。

5.この窪地から右側にある稜線に乗り、栂村山に到着します(写真5)。下山の場合この窪地へ降りる事を忘れないでください。山頂には三角点があります。

Photo_38

写真5.栂村山山頂の三角点。残念ながらあまり展望は良くない。

6.栂村山から南下を続けると、防鹿柵と大倒木帯に至ります。正面に尾根筋が見え登りたくなりますがここは防鹿柵にそって左に行き、倒木帯を避け広い鞍部から左にあるピークにトラバースで登って行きます。

7.このピークも長い山頂部を持っており、中央付近に木が根付いた三角錐の大岩があります。下山の場合の目印です。

8.そのまま東南東の尾根筋を行き林道に出て、前茶臼山の懐に入ります。直登は厳しいので、林道を前茶臼山の北側を回りこんで行きます。途中林道崩壊地がありますので、注意してください。

9.筆者はその先北西の稜線を回る所で、腐った雪に難儀し敗退しました。下記サイトによれば、林道を行き北東の尾根筋からガレにそって登れば前茶臼山に至るとの事です。

コースタイム(約20Kg負荷。バリエーションルート。残雪期。ワカン着装・休憩時間含む):

駐車場→栂村山 1時間55分    栂村山山頂直前より残雪帯に入る

栂村山→前茶臼山懐 50分     倒木帯通過

前茶臼山懐→駐車場 1時間45分 倒木帯避ける

追記:

○前茶臼山、奥茶臼山をはじめ伊那谷の山の詳細情報は、「伊那谷の山」という素晴らしいサイトがありますので、ご覧下さい。

http://www.janis.or.jp/users/yoichi-k/index.html

○大河原引ノ田の重要文化財「松下家」は一見の価値があります。

以上です

その他のカテゴリー

00はじめに | 01全域の最新情報 | 02全域の観光情報 | 03その他の(分類できない)情報 | 04全域のコラム | 05a三伏峠・塩見岳のフォトアルバム | 05b赤石・荒川三山のフォトアルバム | 05c聖岳・光岳のフォトアルバム | 06白峰南嶺のフォトアルバム | 07大無間山・深南部のフォトアルバム | 08寸又三山のフォトアルバム | 09安倍奥の山フォトアルバム | 11a三伏峠・塩見岳写真案内 | 11b赤石・荒川三山写真案内 | 11c聖岳・光岳写真案内 | 12塩見・赤石・聖岳ルート案内 | 13塩見・赤石・聖岳シーズンオフ | 14塩見・赤石・聖岳コラム | 21白峰南嶺写真案内 | 22白峰南嶺ルート案内 | 23白峰南峰シーズンオフ | 24白峰南峰コラム | 31大無間山・深南部写真案内 | 32大無間山・深南部ルート案内 | 41寸又三山・周辺の山々写真案内 | 42寸又三山・周辺の山々ルート案内 | 44寸又三山・周辺の山々コラム | 51安倍奥西山稜写真案内 | 52安倍奥西山稜ルート案内 | 54安倍奥西山稜コラム | 61安倍奥東山稜写真案内 | 62安倍奥東山稜ルート案内 | 63安倍奥東山稜シーズンオフ | 64安倍奥東山稜コラム | 72伊那路の山々ルート案内 | 73伊那路の山々シーズンオフ | 81富士川・その他の山写真案内 | 82富士川・その他の山ルート案内 | 83富士川・その他の山シーズンオフ | 99 全域の古い情報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ