無料ブログはココログ

カテゴリー「11b赤石・荒川三山写真案内」の3件の記事

2017年10月29日 (日)

「二軒小屋から千枚岳へ」写真案内 【旧版13頁、新版15頁】

山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」の解説冊子「二軒小屋から千枚岳へ」に対して、写真で補足します。ルート案内は旧版13頁をご覧ください。

2017年版以降は15頁に下山方向で簡単な解説があります。

第3版 2017年9月15日現在

登山道に変化はありません。登山者が少ないのか、トレースがやや薄くなっています。

なお千枚岳山頂部直登ルートは全く歩かれていないので、新版では削除しています。

第2版 2015年8月4日現在 

本ルート特に大きな変更はありません。なお本ルート上端の千枚小屋への道の分岐点から千枚岳山頂への直登ルートは全く歩かれておらず、ルートファィンディングも困難で、猛烈なハイマツ漕ぎになります。

2017年版では解説が簡素なため、2016年版以前の登り方向の記事を掲載します。

 本ルートは冬期、あるいは山梨側から荒川三山へのルートとして長い歴史を持つている。登山者が少なく静かな山行を楽しめ、また塩見岳の姿も美しい。ただし下部は南アルプス南部でも目指の急登である。

 二軒小屋から、ダム上の吊橋で右岸に渡る。ガレを登り、梯子のある岩に取り付く。足元の不安定な斜面のジグザグを登り、二軒小屋が眼下に見える尾根筋に出る。ここまでが核心部だ。その先視界のきかない急な尾根をひたすら登る。1871mのガレの縁を通過、さらに急登に耐え約3時間で、大きなガレの縁に出る。前方にはこれから登る千枚岳への尾根が、左には白峰南嶺南部が見える。ガレ上部を巻き、ダケカンバ帯を過ぎれば、勾配もゆるくなる。狭いピークを通リコルを過ぎてマンノー沢頭へと登る。山頂は広く、北側は切り開かれていて、塩見岳、蝙蝠岳が見える。標柱を過ぎ、ガレの脇を通り、草付きに出る。高山植物がたくさん咲いており、思わず休憩したくなる。短い急坂を登り、森林限界を超えハイマツ帯に出る。塩見岳など北方の山々が歓迎してくれる。すぐに平らなところに出る。右に行けば尾根の直登だが、ハイマツ帯のルートファインディング能力が必要である。左のトラバース道を行き、千枚小屋からの登山道の中間点に出る。右ヘトラバース道を行き、標柱を越え、勾配のあるザレを登り千枚岳山頂(2880.3m)に至る。

第1版 2011年7月23日現在

1.二軒小屋(写真1)

200608_27

写真1:本ルートの悪場は、登山口からこの展望地の間(2006年8月)。

2.ガレの縁(写真2)

200608_28

写真2:視界の無い樹林帯から一気に展望の効くガレの縁に飛び出す(2006年8月)。

3.マンノー沢の頭(写真3)

200608_30

写真3:マンノーは万斧と書く。北部の視界があり塩見岳方向が見える(2006年8月)。

4.小さなガレ(写真4)

200608_29

写真4:その後も小さなガレの縁を通過する。白峰南嶺の笊ヶ岳から青薙山まで見える(2006年8月)。

5.森林限界(写真5)

200608_31

写真5:森林限界を飛び出すと、塩見岳、蝙蝠岳が迎えてくれる(2006年8月)。

以上

2017年9月17日 (日)

「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」写真案内 【旧版10-11頁、新版14~15頁】

山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」の解説冊子「椹島から荒川岳・赤石岳周遊」に対して、写真で補足します。ルート案内は旧版10-11頁をご覧ください。

2017年版以降は14~15頁に解説があります。但し逆回りです。椹島~千枚岳~悪沢岳~中岳は12~13頁をご覧ください。

第6版 2017年9月14日現在

椹島~千枚岳を登りで調査しました。登山道に大きな変化はありませんが、小石下迄で登山道を外れた多数の踏み跡を発見しました。大事には至りませんが、メインルートを外れた踏み跡が増えますと、道迷いの原因になりますし、また自然保護の観点からも好ましいものではありません。メインルートを忠実に歩いてください。

また清水平手前で迷った方が居ます。多分やや急な所のつづら折りを直進してしまった為と推測します。直進に対しては枯れ枝で通せんぼがしてあります。歩行中は常にルートを確認しながら歩いてください。

千枚岳の悪場の写真を掲載します。これで通過はかなり楽になりました。

Img_7752_r_2_2

更に、椹島の滝見橋登山口の落石の多いトラバース道を避ける登山道の吊橋工事が開始されています。この登山道が開通しますと、椹島からは旧登山道入口を過ぎ、滝見橋を渡り更に笊ヶ岳登山口を過ぎた左側で吊橋を渡り、ゴーロ帯の上端の鉄塔付近に出る様になります。

第5版 2016年7月27日現在

登山道に大きな変化はありません。

また来年度以降の話ですが、椹島からの滝見橋脇の登山口の入って直ぐの桟道箇所は落石が多く危険なので、滝見橋上流側から大井川東俣本流を越える吊橋が新設予定と聞きました。

第4版 2015年8月8日 特に新な大きな問題箇所はありません。

(なお今回の調査は千枚岳~荒川前岳のみです)

第3版 2014年8月10日

  本ルート新たな注意箇所はありません。昨年あれ程明瞭にルート工作したにも関わらず、相変わらず直進する登山者が居ます。悲しくなります。本年も更に石を積みました。千枚岳の悪場は崩れて、更に難しくなっています。十分に注意してください。なお私は最近悪沢・赤石の周遊に関してコメントを求められた場合は必ず、時計回り(本案内と反対回り)を勧めています。何故なら悪場がすべて登りになる、高山植物を目の高さで楽しめる、最終日の降りが楽など圧倒的に優れているからです。なお2日目に赤石小屋~千枚小屋間を歩くのは通常の登山者には無理です。反時計回りで赤石岳稜線から赤石小屋への降りで疲労による事故が多発しています。無理をせずに荒川小屋、または避難小屋に宿泊してください。避難小屋でもレトルト食はありますし、また当日中の下山は十分に可能です。なお今回は全ルート調査しました。

第2版 2013年8月22日 特に新たな大きな問題箇所はありません。

椹島の登山口から吊橋を渡り奥西河内川に沿ったトラバース道の、滝見堰堤の上部地点で道が不安定になっていますので注意してください。悪沢岳の西でコルへ降る登山道は岩場の核心部を過ぎた後、右に大きく曲がる地点で真っ直ぐルンゼを降るトレースがあります。ここは写真の様に、新しいペイントに従って直進せずに右に大きく曲がってください。(なお本ルートにおける今回の調査は荒川前岳迄です)

Img_16891

第1版 2011年7月23日

1.千古の滝(写真1)

Photo

写真1:椹島から二軒小屋方向へ林道を歩き、滝見橋手前で登山道に入り千古の滝を通過する(2006年10月)。

2.小石下の林道(写真2)

200606

写真2:椹島からの登山道から一旦林道に出る。右に行くと小石下への階段がある(2006年6月)。

3.小石下(写真3)

200606_2

写真3:小石下は小さな広場。落葉期であれば荒川三山方向を垣間見ることができる(2006年6月)。

4.木馬道跡標識(写真4)

201009 

写真4:木馬道と書いて「きんまみち」と読む(2010年9月)。

5.駒鳥池(写真5)

200606_3

写真5:駒鳥池の標柱(2006年6月)。

6.千枚小屋(写真6)

200606_4

写真6:旧千枚小屋脇から百枚小屋方向を見る(2006年6月)。千枚小屋が消失した現在風景は大分変わっている。

7.千枚岳山頂(写真7)

201009

写真7:千枚岳山頂より悪沢岳方向を見る。この先ルート最大の悪場が待っている(2010年9月)。

8.千枚岳・丸山間のお花畑(写真8)

201008

写真8:千枚岳の悪場を過ぎると美しいお花畑がご褒美として待っている(2010年8月)。

9.悪沢岳西稜線(写真9):

201008_3

写真9:悪沢岳西稜線は高山植物が多い(2010年8月)。

10.悪沢岳・荒川岳間のコル(写真10)

201008_2

写真10:悪沢岳の西稜線は岩場の急斜面で細心の注意が必要。

11.荒川前岳山頂(写真11)

200808

写真11:前岳山頂付近より中岳越しに東岳(悪沢岳)を見る(2008年8月)。

12.荒川前岳山頂(写真12)

200808_2

写真12:前岳山頂部は崩壊が進行している(2008年8月)。

13.荒川岳カール(写真13)

201008_4

写真13:荒川岳カールは南アルプス有数のお花畑(2010年8月)。

14.荒川岳カール(写真14)

201008_5

写真14:荒川岳カールより赤石岳を望む(2010年8月)。

15.赤石岳(写真15)

201008_6

写真15:赤石岳より小赤石岳越しに荒川岳をみる(2010年8月)。

16.赤石岳山頂(写真16)

201008_7

写真16:赤石岳避難小屋東方のピークがご来光を拝む最高地点(2010年8月)。

17.赤石岳山頂(写真17)

201008_8 

写真17:ガスが赤く染まった(2010年8月)。

18.赤石岳山頂(写真18)

201008_9

写真18:虹をバックの聖岳までおまけがついた(2010年8月)

以上 

2016年10月30日 (日)

「椹島から赤石岳へ」写真案内 【旧版14頁、新版14~15頁】

2017年版以降は、14~15頁に解説があります。

第3版 2016年9月12日現在

本ルートで大きな変更はありません。

赤石小屋には古い避難小屋がありましたが、倉庫棟として新設されました。

Img_9196_r


第2版 2014年10月12日

本ルートで大きな変更はありません。

2013年に椹島から赤石小屋への行程を示す標識が設置されましたので、その地点を記します。

1/5: 標高1490m    山と高原地図「中電基準点」、椹島から1時間

2/5: 標高1750m    山と高原地図「林道跡のヘアピンカーブ」直前の林道に出た所、

                  1/5から1時間弱

3/5: 標高2060m    山と高原地図「小広場」、2/5から1時間5分強

4/5: 標高2325m    山と高原地図「・2325m」、3/5から40分

赤石小屋:標高2540m  4/5から1時間30分

注: 上記の様に分数は標高差、コースタイムのどちらにおいても、正確なスプリットになっていないので注意が必要。

赤石岳山頂避難小屋に素晴らしいベンチを発見しましたので、写真8を追加します。

第1版 2011年7月23日

山と高原地図「塩見・赤石・聖岳」の解説冊子「椹島から赤石岳へ」に対して、写真で補足します。ルート案内は旧版14頁をご覧ください。

1.椹島赤石岳登山口(写真1)

200608_2

写真1:椹島登山基地から井川山神社の横を通り林道に出る。左へ行けば赤石岳大倉尾根登山口となる(2006年8月)。

2.富士見平(写真2)

200711

写真2:富士見平から見る赤石岳(2007年11月)。

3.富士見平(写真3)

200711_2

写真3:富士見平から荒川三山(2007年11月)。

4.ラクダの背トラバース道(写真4)

201008_10

写真4:ラクダの背トラバース道から赤石岳山頂部を見る(2010年8月)。

5.北沢源頭(写真5)

201008_11

写真5:北沢源頭とお花畑(2010年8月)。

6.赤石岳山頂部(写真6)

201008_12

写真6:大倉尾根下降点の下から赤石岳山頂部を見る(2010年8月)。

7.赤石岳山頂(写真7)

200608_3

写真7:赤石岳山頂(2006年8月)。

8.南アルプス南部山頂部にある展望の特々々等席(写真8)

Img_144011

写真8:赤石岳避難小屋のベンチ(2014年10月11日)

以上

その他のカテゴリー

00はじめに | 01全域の最新情報 | 02全域の観光情報 | 03その他の(分類できない)情報 | 04全域のコラム | 05a三伏峠・塩見岳のフォトアルバム | 05b赤石・荒川三山のフォトアルバム | 05c聖岳・光岳のフォトアルバム | 06白峰南嶺のフォトアルバム | 07大無間山・深南部のフォトアルバム | 08寸又三山のフォトアルバム | 09安倍奥の山フォトアルバム | 11a三伏峠・塩見岳写真案内 | 11b赤石・荒川三山写真案内 | 11c聖岳・光岳写真案内 | 12塩見・赤石・聖岳ルート案内 | 13塩見・赤石・聖岳シーズンオフ | 14塩見・赤石・聖岳コラム | 21白峰南嶺写真案内 | 22白峰南嶺ルート案内 | 23白峰南峰シーズンオフ | 24白峰南峰コラム | 31大無間山・深南部写真案内 | 32大無間山・深南部ルート案内 | 41寸又三山・周辺の山々写真案内 | 42寸又三山・周辺の山々ルート案内 | 44寸又三山・周辺の山々コラム | 51安倍奥西山稜写真案内 | 52安倍奥西山稜ルート案内 | 54安倍奥西山稜コラム | 61安倍奥東山稜写真案内 | 62安倍奥東山稜ルート案内 | 63安倍奥東山稜シーズンオフ | 64安倍奥東山稜コラム | 72伊那路の山々ルート案内 | 73伊那路の山々シーズンオフ | 81富士川・その他の山写真案内 | 82富士川・その他の山ルート案内 | 83富士川・その他の山シーズンオフ | 99 全域の古い情報

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ